FC2ブログ

N響定期演奏会(H.30.11.09)

MFのKoさんから、明日の日フィルの件を頂いたので、N響はこの日に振り替えた。
開演は19時であるので、夕方早く家を出て新宿のセカンドハンズに立ち寄り、先日注文しておいた、シュアーのカートリッジの針を購入した。

・ラヴェル:ピアノ協奏曲/(P)アリス・紗良・オット
・プロコフィエフ:バレエ組曲「ロメオとジュリエット」(抜粋)
   /(指揮)ジャナンドレア・ノセダ
ラヴェルの曲の生演奏は久しぶりである。ピアニストは若くサラッしたような演奏。
ラヴェルには合っているのかもしれない。
アンコールには、サティのグノシェンヌ第2番と、ショパンのワルツ イ短調の2曲であった。
席は前列5列目で、32番。NHKホールは間口が広いので、S席の右端、コントラバス奏者の前である。
いつもの席より離れていたが、ピアノの繊細な音も補聴器なしで聴きとれた。
改めてピリスの時の失敗が悔やまれる。

「ロメオとジュリエットは」結構な大曲。組曲は3つあり、個々から指揮者が抜粋したとの事。
従って、初めて聞く曲も多い。しかしプロコの作品だけあってオーケストレーションも巧いし聴きやすい。
ノセダの指揮も動きが大きい。十分ロシア音楽を堪能した。

金曜日であるので、コンサートの後は、稲門会のNe氏と荻窪で交流。
今月の例会は、ワルター特集なので映像を探してもらっていたが、色々探してDVD3枚に纏めた物を頂いた。
僕が勝った最初のレコードは、ワルター指揮の「運命」(裏はベートーヴェンの交響曲第4番)であるが、Ne氏が最初に買ったレコードもワルター指揮の「運命」「田園」ということで、話が弾んだ。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク