FC2ブログ

高松の2日目(札幌でのトラブル後日談)H.30.11.08

セミナーで行っているのに、カテゴリーが「仕事」でなく、「旅行・観光」なのは問題であるが、お許しあれ。
会場の国際会議場は、複合用途の大型ビル内にあり、到着するまで若干迷った。
10時10分からのセミナーは2時間。聴衆は、四国4県から約160人であった。

昼食の際に、札幌で一緒になった方で、日本航空で帰られた方に会った。
今回の出張に際し、家族の方から四国にいるうちに南海トラフ地震が来たらどうするのか脅かされたそうである。
前回の教訓で、小型ラジオ(厚い名刺のような形の物)とスマホの充電器、懐中電灯を持参しているそうである。

その節は、整理番号が500番台半ばだったそうだが、夕方ごろから、当日便搭乗可能となり、7時過ぎの便で羽田に浸かれたそうである。前日の地震で、来る客が少なく、結果として帰りの空席がたくさん出たのであろうということになった。
全日空の方も、我々より行列が後の方の方は、羽田行きに乗れたかも知れない。

幹事さんが、フィリッピン航空のマニラ行の便で成田に帰ったことは、先日お話したが、全日空の窓口にいて、どうやって見つけたか疑問であった。
訊ねたら、奥方がいろいろ調べてメールで連絡されたそうである。

昼食後は時間があったので、会場近くの高松港を見て、高松城址の玉藻公園に回り、その脇にある音楽ホール(レグザム)と、県立ミュージアムを見た。パンフレットを貰ったが、どちらも設計者の名前はない。
訊ねたら、音楽ホールは日本設計、ミュージアムは日建設計であった。

空港で、讃岐うどんの早い夕飯を食べて、帰京した。

(札幌の件は、9月5~8日「台風と地震のダブルパンチ➀~③参照)

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク