FC2ブログ

老いて益々盛んなブロムシュテット(H.30.10.20:N響定期演奏会)

今月の、N響定期演奏会は、3回共ブロムシュテットの指揮である。
ちなみに91歳!のマエストロが指揮する曲は、Aチクルスが、モーツアルトの「プラハ」と、ブルックナーの交響曲第9番。Bチクルスは、ベートーヴェンの「田園」とステンハンマルの交響曲第2番。
この日のCチクルスは、ハイドンの「ロンドン」と、マーラーの「巨人」。
古典派と後期ロマン派の組み合わせであるが、手抜きできない名曲ぞろいであるから、御老体には大変である。
しかも夫々2回の演奏会であるから、一カ月に6回、正確には半月の6回!楽しませていただき感謝!!

ハイドンは古典派の巨匠らしく、端正にまとめており、小編成ではないので十分迫力があった。
「巨人」は大変素晴らしい出来。今までいろいろな方の演奏を聴いているが、マーラーのオーケストレーションがうまいなと感心したのは初めてであった。
僕の席からは、指揮者の左側にシンバル奏者が良く見える。非常にタイミングよく音入れをしていた。
また、音色を曲の状況に合わせて、変えていることにも気が付いた。
フィナーレの最後で、ホルン奏者7人!が、サット立上ってf f演奏で締めくくったのは良かった。
流石ブロムシュテットである。
大いに満足したが、4月の演奏会での席取りミスが改めて悔やまれた。

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/nkyo/images/17_18/99_pic1.jpg

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク