FC2ブログ

クロアチアの作曲家の曲を聴く

今日は、杉並公会堂での、「安達朋博 ピアノリサイタル」である。
この方は、京都府の出身で、高校卒業後クロアチアの留学、かの地の音楽学校卒業後、ロシアで修業、コンクールにも入賞して日本で活躍されている。特にクロアチアの音楽家の紹介に力を入れているようである。
この日のプログラムは
・ドラ・ペヤチェヴィッチ/ピアノ・ソナタ第1番
・フェデリコ・モンポウ/ショパンの主題による変奏曲
・ショパン:舟歌
・ブラームス:ピアノ・ソナタ第2番
初めの2曲は初めて聴く曲。クラシック音楽の主流以外の国の作曲家も、もっと聞かれるべきであると思った。
アンコールは何と「エリーゼのために」!小学生の発表会で聴くことはあるが、プロの方の演奏を聴くのは多分初めてである。
さすがにうまかった。

帰りに、クラフトビールの関所に立ち寄った。
この店で、先日見つけた宇奈月ビールの話をしたが、高いので当店では扱えないとの事であった。
この店では、クラフトビールの生は650円であるが、宇奈月ビールでは850円になるとの事。初めは高くても飲んでくれるが、長い間には売れないということであった。同席していた若いお客も、飲んだことがあっておいしいよとサポートしていただいたが難しいようであった。ペール・エールと東京IPAのビールを楽しんだ。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク