FC2ブログ

モーツァルティアン488yのお気に入りの作曲家と作品③

今回も<B>の作曲家である。
ベートーヴェンからブラームスまでの間にも、大物作曲家がいる。

ベルリオーズ。一曲上げれば「幻想交響曲」! ベートーヴェンの死後3年でこんな曲を作るのだから、前衛度がすごい。他の曲は省略。

バーンスタインも作曲家であるが、お気に入りとは言えない。

A.ベルクは、ヴァイオリン協奏曲をはじめ、現代音楽には欠かせない作曲家だが、パスさせていただく。

ビゼー。オペラ「カルメン」だけでもお気に入りの作曲家となる資格は充分。アルルの女組曲は、クラシック音楽入門したばかりのころよく聴いて楽しんだミミタコ名曲。交響曲第1番も若々しくて良い。もっと交響曲を沢山作ってほしかった。

ボッケリーニは他のバロック作曲家と同様、皆同じように聞こえるのでパス。有名な「メヌエット」もそれほど聴かない。

ボロディンは交響曲もあるが、交響詩『中央アジアの草原にて』や、「韃靼人の踊り」、弦楽四重奏曲第2番の夜想曲」が僕のミミタコ名曲である。

ベートーヴェンとバッハとの間に、バルトークがいるのを忘れた。忘れられるだけあって、著名な曲のレコードは持っていても普段はあまり聴かない。
バラキレフとバーバーには小品があるが、他の作曲家のと一緒に聴くことはあっても、これだけを取出して聴くことはない。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク