FC2ブログ

モーツァルティアン488yのお気に入りの作曲家と作品①

①初めに
以前に会員であった、MF(モーツァルティアン・フェライン)では、25年以上前に、モーツアルト以外のお気に入りの作曲家と作品のアンケートを募集した事があった。この時に、お気に入りの作曲家と作品をまとめてみたのでご紹介する。
モーツアルト以外のお気に入りだけでも十指に余るし、その作品もたくさんある。無制限に取り上げていったら膨大なものとなるので、簡単にまとめることとした。

At randam というわけにはいかないので、Rekordカタログの、ABC順に、著名な作曲家の作品のみに限ることとし、マイナーな(失礼!)作曲家については特に気に入った曲だけを取りあげたい。
クラシック音楽愛好家諸兄のお気に入りとどの程度合うのか興味があるところである。
尚、この文はH.6.12末に追記したので最近とあるのはその時期である。
現在の好みは、このブログへの記入時期「現在」「最近」と記入する。、
また、好きな作品に「良い」とか「GOOD」とかあるが、作品の評価ではないことをお断りしておく。

では、Albinoniをよく聴く。作品9のオーボエ協奏曲集が良い。その他の作品もG(Goodの略)。バロックの作曲家は上げ始めたらきりがないので、出来るだけ略す。Bに大物作曲家が多いので、スペインのモーツアルトといわれるArriagaのStqrを上げる。なかなかの佳曲である。スペインの作曲家でAlbenisも忘れてはいけない。ラローチャの弾くピアノ曲が良い。

では、まずBach! 通俗的なところで、管弦楽組曲は第2番、ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、2台のヴァイオリン協奏曲いづれもG!フルート、オーボエの入った合奏協奏曲も。
ブランデンブルク協奏曲は第3,4番。チェンバロ協奏曲は台数の多いものほど良い。
ヴァイオリン独奏曲曲は伴奏つきソナタの方を無伴奏のものよりよく聴くが、いづれもG。
チェロ独奏曲も伴奏有り無しの2種類あるが、こちらは無伴奏の方が好きである。
チェンバロ(ピアノ)曲も傑作が多すぎて選ぶのに困る。ゴールドベルク変奏曲、パルティータ、平均律、2・3声のインヴェンション等々。G.グールドがたくさん録音してくれたので、レパートリーが広がった。
フルートのソナタはラルデの盤をよく聴く。オルガン曲はそれほど好みでないのでパス。
カンタータも同様。バッハ好きの先輩からは、「山ちゃん、カンタータを聞かなきゃバッハの良さは分かんないよ」と言われている。マタイやロ短調ミサ曲もあまり聴かない。

息子たちも親父には及ばないがいい曲がある。似たような曲が多く区別がつかない。
この中では長男のフリーデマン・バッハがお気に入りである。





コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

mozartian488y(m488y)

Author:mozartian488y(m488y)
出身地:昭和15年東京生まれ。
住まい:東京都杉並区
性 別:男性、
学 歴:大学、建築学科卒
職 歴:空調設備工事会社
         ⇒建築設計事務所
         ⇒停年退職
仕 事:建築設備のコンサルタント
趣 味:クラシック音楽
    (カテゴリーの「ご挨拶と
    プロフィール参照」)、
   :読書 (昔は岩波赤帯路線、
     現在は面白い本は何でも)
   :歴史

      

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク